受付時間・アクセス

お電話受付時間

 
午前9時〜午後12時 ○  X 
午後1時〜午後7時 X 

※不在の場合は折り返しご連絡申し上げますので、伝言をお願いします。  

横浜市立大学医学研究科分子病理部門が窓口となり、肺や腎腫瘍の病理診断と遺伝学的検査相談などの活動を行っています。また、日本病理学会のコンサルテーションシステムをご使用いただき、当メンバーにご相談いただいても迅速に対応いたします。 一般的なご質問や、判断に迷われる場合は、下記にお気軽にお問い合わせください。

横浜市立大学医学部分子病理 (古屋): 045-787-2587 (直通)

※メールによるお問い合わせは土日も受付ます。

総合窓口 mfuruya[at]yokohama-cu.ac.jp

 (注:[at]はアットマークに変換してください)

資料送付先:

〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9 横浜市立大学医学部分子病理

古屋 充子 宛

遺伝子検査の被検適応に関するご相談

BHD症候群の可能性がある患者さんがおられましたら, まずお電話かメールにてご相談下さい.

臨床情報, 画像, 病理所見など総合して遺伝学的検査をお勧めするかどうかをお話合いさせていただきます. 患者さんが遺伝子検査を受けられることにご同意された際には, 検査手順を詳しくご説明致します.

※ご相談の際、以下の点をお伺いすることがあります。予め情報整理しておかれますようお勧めいたします .

ご相談時の確認事項
確認事項.pdf
PDFファイル 64.6 KB

遺伝子検査の方法について

2019年3月から横浜市立大学附属病院で実施しておりました先進医療Aは, 諸事情により一旦中止させていただきます. 関係者の皆様にお詫び申し上げます.

2019年11月から, かずさDNA研究所にて非保険検査が開始されました. かずさDNA研究所の提携医療機関から直接依頼が可能になります. 非提携医療機関の先生におかれましては、横浜市大医学部分子病理(窓口:古屋)までご相談ください。

遺伝子検査後のフォローアップ

当チームでは、できるだけ患者さんやご家族が無理のないかたちで診療をうけることができるよう、地域医療機関との連携を大切にしながらサポートしておりますが、患者さんご家族に適切なフォローアップが行われているかどうかは十分把握できておりません。BHD外来は検査後の長期フォローに関するご相談にも対応しておりますので、ご活用ください(自費診療になります)。

横浜市立大学医学部へのアクセス

電車で

横浜市営シーサイドライン 市大医学部前駅下車 

タクシーで

新杉田駅(JR)や金沢八景駅(京急)のタクシー乗り場から約15分程度です.

 

千葉大学医学部へのアクセス

千葉駅(JR)のタクシー乗り場から約10分程度です。

お知らせ

かずさDNA研究所にて2019年11月から非保険検査が開始されました。詳しくはこちらから。

横浜市立大学附属病院BHD外来(月曜午後)の受診方法はこちらから。

横浜市立大学附属病院BHD外来へ受診される患者様へ:病院近くの宿泊施設でサービス料金が適用されます。詳しくはこちらから。

医療関係者の方へ:遺伝子検査などのお問い合わせはこちらから。